リンゴに含まれている整腸作用

リンゴに含まれている整腸作用

リンゴにはお腹の調子を整えてくれる成分がたっぷりと詰まっています。
リンゴの果実のほとんどは水分で出来ているため、辛い便秘だけではなく水分補給や栄養補給にも適しています。

リンゴに含まれている食物繊維は体内に入ると胃腸の粘膜を保護して、腸内に善玉菌を増やして腸内環境を整えます。
体内に留まっている便を柔らかくして詰まりを解消し、スムーズに排出するように働きかけます。
リンゴの食物繊維は皮にたっぷりと含まれているので、お腹の不調には皮ごとすり下ろして食べるのが最も効果的です。
皮ごとすり下ろせば、皮に含まれている酵素や抗酸化物質も積極的に摂ることができます。

リンゴに含まれる抗酸化物質は痛んだ腸を修復して、弱った胃腸の機能を回復します。
胃腸が弱った状態では消化・吸収が正常に行われず、老廃物がスムーズな排出ができないことから、体に有害な物質やガスが腸に滞留します。
弱った腸ではバリア機能も弱まり、有害な物質が吸収されて、色々な症状となって体に表れます。
便が排出できないために腸に張りや腰痛に悩まされたり、肌荒れや集中力の低下などを引き起こします。
リンゴを食べることで、新陳代謝が正しく行われるようになるため、有害物質の排出が促されて、腸の機能が改善されていきます。

リンゴを選びには、皮ごと食べるために無農薬で栽培された新鮮なものを選びましょう。
持ったときに硬く引き締まっていて重量感があるもの、みずみずしくハリのある色合いのものが美味しいリンゴ選びのポイントです。
すり下ろして飲むだけではなく、食物繊維の多い野菜やオリーブオイルと一緒にサラダに加えたり、乳酸菌が豊富なヨーグルトと一緒に食べれば更に便秘に効果的に働かせることができます。
お酢や紅茶と合わせれば、便秘解消だけでなく女性に嬉しい美肌や冷えの解消、ダイエット効果を期待することができます。
リンゴに含まれる食物繊維は加熱調理しても、失われることはないので、焼きリンゴやパイにすることもできるので、飽きることなく継続して食べることができます。
こちらに便秘解消に効果的な食生活について解説されているサイトがあります。