コーヒーの力で快適に便秘解消

コーヒーの力で快適に便秘解消

近年のコーヒーブームによって、オシャレなカフェや本格的なコーヒーショップが増え、コンビニでも手軽に美味しいコーヒーが飲めるようになりました。
色々な場所で飲めるコーヒーにはガンの予防やダイエット効果など色々な作用があることがわかってきました。
もちろん上手に取り入れれば便秘解消にも効果的に働きます。

コーヒーの主成分であるカフェインは、集中力を高めるだけではなく内臓を刺激します。
コーヒーを飲んで内臓が刺激されると、胃液がたくさん分泌されて消化が促進されて、ぜん動運動が起こります。
さらにカフェインは腸が収縮する神経も刺激して、ぜん動運動をさらに強めて排便を促します。

また、コーヒーの持つ香りは深いリラックス効果を導きます。
コーヒーの香りを嗅ぐと、副交感神経が働いて、気持ちが落ち着くだけではなく、腸をはじめとした内臓の緊張も解れます。
腸は心身共にリラックスし、副交感神経が優位に働くほど、スムーズに行われます。
ストレスの多い現代人は交感神経の働きが強く、便秘になりやすいと言われています。

朝食時はコーヒーを利用するのにとても適した時間帯です。
朝は特に腸の反射が起きやすく、スムーズに排便しやすい時間帯です。
朝食にコーヒーを飲み、コーヒーの温度とカフェインで腸を刺激して排便を促します。
朝に規則的な排便のリズムができれば、慢性的な便秘を防止することができます。

しかしカフェインは摂り過ぎれば、ぜん動運動の働きは抑制されてしまいます。
利尿作用も強いのでコーヒーの飲み過ぎは便を硬くしてしまいます。
コーヒー1杯に含まれているカフェインの量は多いため、一日に数杯を楽しむのがオススメです。
加えて、まめな水分補給は欠かせません。

ひどい便秘の症状がある場合には、コーヒーをゼリーにして食べるのがオススメです。
ゼリーに寒天を使えば、食物繊維が一緒に摂取できるため、効果的に働きます。
ストレスをためず、規則正しい生活の中にコーヒーを取り入れて、便秘とは縁のない生活を目指しましょう。