腹筋トレーニングだけでも効果あり

腹筋トレーニングだけでも効果あり

便秘の解消には腹筋の力が欠かせません。
私たち人間は、排便時には腹筋をつかって便を押し出すので、お腹の筋力が弱い場合には便を十分に押し出すことができなくなってしまいます。
さらに筋力が低いと便を押し出す力だけではなく、排便を促すぜん動運動も弱くなってしまいます。
もともと男性に比べて筋力の弱い女性は、どうしても便秘になりやすいものです。
ですから、お腹周りを中心とした筋肉トレーニングは便秘改善にとても効果的です。

適度な運動を行うと、便を押し出すための筋力が鍛えられるではなく、血行が促進して自律神経が効果的に働きます。
腸の動きは自律神経の影響を強く受けるので、リラックスした状態であれば、副交感神経が優位に働き、胃腸の働きが活発になります。
緊張状態が続いて交感神経の働きが優位な状態が続くと、腸の働きは悪くなってしまいます。
健康的な食生活を心がけるだけではなく、ストレスを抱えないことや体を冷やさないことなども、便秘にならないためには大切です。
便秘解消のためにもアロママッサージやストレッチをして心身ともにリラックスさせることが重要なんですね。

便秘解消の目的で腹筋を鍛える場合には決して辛い運動は必要ありません。
日々の生活の中で簡単に行う事ができます。
広く知られているロールアップで腹筋を鍛える動きをベースとしながら、便秘に効果的に働くポイントを意識してトレーニングを行いましょう。

まず仰向けに寝ます。
両手は頭の後ろで組み、足は腰幅に開いて楽な位置に置きます。
軽く膝を立てて骨盤の位置を安定させます。

腕を頭の下に組んで、深く息を吸います。
そして息を吐きながら、おへそをのぞき込むようにゆっくりと状態を持ち上げて、そのまま5秒キープします。
この時に、おへそをしっかりと見て、おへその周辺に力が入っていることを意識するのがポイントです。
おへそのある部分から体を曲げるようにイメージします。
おへそをポイントに体をひねることで、筋肉トレーニングだけではなく、腸を直に刺激することができます。
ゆっくりと体を元の状態へと戻し、この動作を5回ほど繰り返します。

さらに自律神経の働きを高めるために、運動を始める前と最後には深呼吸を行います。
最初は無理のない範囲で実施し、慣れたら回数を増やしていきます。
この動作を毎日実行することで腹筋が鍛えられて筋力が上がり、慢性的な便秘の症状を改善することができます。