ヨガには便秘解消の力がある

ヨガには便秘解消の力がある

ヨガには便秘の解消が期待できます。
深い呼吸を行いながら、ゆっくりと体を動かすことで胃腸が優しく刺激され、便通が促されます。
さらにヨガを継続することで、自然と体にしなやかな筋肉がつくので、内臓の位置が適正な場所へと戻ってスムーズな排便ができるようになります。

現代女性は知らず知らずのうちに骨盤や姿勢に歪みが生じています。
体が歪むと、腸の中で便が詰まりやすくなるので、スムーズな排便を行うためには、体の歪みを正して、内臓が本来の位置で機能することが大切です。
ヨガの動き体の柔軟性を高めて、体幹の筋肉を鍛えます。
男性に比べて筋力の弱い女性は便秘になりすく、ヨガを行って体幹を鍛えることで、便を押し出す力を強めることができます。

さらに体幹の筋力が高まると、骨や内臓が正常な位置で支えられるようになるため、胃や腸が活発に機能するようになります。
特に骨格の歪みは便秘以外にも様々な悪影響を体に及ぼすため、ヨガで正しい姿勢が維持できる筋力をつけることで、肩こりや腰痛の改善、ダイエット効果など、女性に嬉しい効果を沢山期待することができます。
新陳代謝も高まり、冷えの改善にも繋がります。

ヨガの呼吸法も重要です。
ヨガの呼吸法で、お腹の中に溜まったガスや、それまで滞留していた便を排出するように働きかけることができます。
ヨガの呼吸法は副交感神経の働きを活発にし、心身を深いリラックスへと導きます。
腸は自律神経の影響を受けやすく、副交感神経が優位に働いてリラックスしているときほど、腸の緊張もほぐれてスムーズな排便をすることができます。
普段ストレスの多い生活を送っているのであれば、朝や寝る前のちょっとした時間を使ってヨガのポーズを取って自律神経の働きを高める習慣をつければ、便秘にならない体作りができるでしょう。
ヨガはその呼吸法を行うだけでも体の副交感神経を高めることが出来るほか、腹部をねじる動きは直接腸を刺激することができるため、便秘の症状が気になる場合には意識して行いましょう。
便秘解消に効果的な生活習慣を身につけましょう。